普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

チョコミントアイス 食べ比べてみた

※この記事はあくまでも個人的嗜好ということをご承知おきください

あくまで個人的見解ですが、チョコミントアイスクリームと言って思いつくのは、サーティーワンセブンイレブン赤城乳業。私の場合この3社です。
チョコミントの社会的な需要は、夏場に多くなるんでしょうか。私個人は通年食べますけど、セブンイレブン赤城乳業さんは冬になると店頭で見なくなるイメージがあります。味もさほど大きくは変わらないとも思いますが、何となく「ちょっと違うかな」と。

ということで、手元に揃ううちに全部食べてみました。

まずはセブンイレブンから。

フタを開けるとザックザクのココアクッキーがぎっしり。チョコミントアイスは見えないです。ココアクッキーのザクザク感が強く、チョコレートのパリパリ感も強めですね。食べ応えあります。

栄養成分表示は以下の通り(1個/107㎖)
エネルギー 259kcal
たんぱく質 3.2g
脂質 15.9g
炭水化物 26.1g
食塩相当量 0.132g

続いて赤城乳業

スプーンを入れるとふんわりした感触が指先に伝わります。食感も何となくふんわり。ミント感が強いですね。チョコレートは細かめなので、くちどけがいい感じ。最も清涼感を感じるのは、キシリトールのせいでしょうか。三つの中で一番爽やかです。

栄養成分表示は以下の通り(1個/160g)
エネルギー 250kcal
たんぱく質 2.9g
脂質 13.6g
炭水化物 29.3g
食塩相当量 0.099g

最後にサーティーワン

からして、他のふたつに比べて濃いですね。この三つの中では、アイスクリームが一番濃厚に感じます。チョコレートの食感は、以前の方が強く残った感じがします。「あれ?もっとチョコレートの存在感なかったっけ?」という印象。あくまでも個人的見解なので、そこはご理解ください。

栄養成分表示は以下の通り(スモール/約70g)
エネルギー 154kcal
たんぱく質 2g
脂質 7g
炭水化物 17g
食塩相当量 0.1g

チョコミントと言っても、製造メーカーさんによってそれぞれの味がありました。まあ、大きく違うというわけではないでしょうが。「ミント」ですが、あの葉っぱのミントを使っているわけではないんですね。リキュールとか香料とか、そう言ったフレーバーなんです。ミントの葉が直接の材料ではないということ。美味しいですけどね。

ミント好きな私としては、セブンイレブンさんも赤城乳業さんも、一年中販売してほしいですが。