普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

夢の国はやっぱり私にも夢の国

十数年ほど前クレーム専門窓口のマネージャーをしていた頃に部下だった子たちと、先日会ってきました。
一人の女性はおうちが割と近いこともあり、年に数回会っていますが、もう一人は10年前に日本を離れ5年前にオーストラリア国籍を取得して、現住所が日本にはありません。
新型コロナ以前は、年に一度帰国して必ず3人旅を楽しんでいたのですが、再会は3年ぶり。春の帰国予定が延びに延び、ようやくこの8月に2週間程度の滞在が実現しました。私たちとの時間を最優先で確保してくれた彼女の願いは「ディズニーシーに行きたい!」。
ということで、3人でディズニーシーへ行ってきました。

3年ぶりに会った彼女は、ほんの少し大きくなったお腹の中に新しい命を宿していました。
連日の猛暑が嘘のように、前夜の大雨が嘘のように、この日は薄曇りで予想最高気温28度と絶好のディズニー日和。若者のようにお揃いのTシャツをゲットして、トイストーリーからニモ&フレンズへ。ダッフィーグッズをじっくりと吟味したあと、予約済みのホライズンベイレストランでのんびりと20周年記念セットを堪能。

充分お腹いっぱいになってから、長蛇のソアリンに並んでひたすらお喋りを楽しみ、あっという間の80分。こんなにお喋りが弾めば、行列も嫌じゃない。
移動手段に船を使いミッキーと写真を撮って、アラジンエリアでショーを観て、早めの夕食にカレーを食べました。
インディージョーンズやタワーオブテラー、センターオブジアースなどといった妊婦さんが乗れないアトラクションも多いので、楽しめるか少し心配しましたが、お天道様を味方につけ、それほどの混雑もなく、安全に快適にディズニーシーを楽しむことが出来ました。

アニメーションのようにクルクルと表情を変え、おもちゃみたいにケラケラと笑い、子供みたいにはしゃぐ彼女たちに、心から癒された一日。
11月には赤ちゃんが産まれます。来春、6ヶ月くらいになった赤ちゃんを連れて帰国してくれるというので、初孫気分で赤ちゃんと対面したいと思っています。