普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

花束の贈り物

 

昨日、とても親しくしている母に似た20歳年上のお友達に花束をいただきました。

毎月二度花を買いますが、この友人は、二、三ヶ月に一度花を届けてくれます。140センチほどの小さな身体に、大きな百合の花。色はさまざまですが、なぜか毎回百合の花です。

 

今回は、二時間ほどのんびりとお茶を飲む時間があったので、ずっと疑問に思っていた「なぜ毎回百合なのか」と尋ねてみました。

友人は、笑いながら恥ずかしそうに、

「私から見たあなたのイメージだから」と。

自分を百合のようだなんて思ったこともなかったので、リアクションに困っていると、

「ごめんね、勝手に。スラっと背が高くて背筋が伸びて凛とした着物姿が、私には百合のように見えているの。」

と小さな声で話してくれて、なんだか照れ臭くて、私は赤面しながら、ありがとうを何度も言ってしまいました。

 

そんなわけで、今日はリビングには大きな百合。

f:id:chihiroukiuki:20220406131548j:image

サイドボードには黄色を。

f:id:chihiroukiuki:20220406131646j:image

仕事部屋にはビタミンカラーのラナンキュラスをメインに。

f:id:chihiroukiuki:20220406131754j:image

玄関も春らしく華やかにしました。

f:id:chihiroukiuki:20220406131821j:image

母には変わらずカーネーション

f:id:chihiroukiuki:20220406131839j:image

 

春の花は、賑やかです。

これから二週間ほどこの花を楽しみたいと思います。