普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

元日の過ごし方

あけましておめでとうおめでとうございます。

私は、元日の朝からお仕事です。旅館なので、当然と言えば当然ですが。

毎年参拝している商売繁盛の神様と言われる羽田の穴守稲荷様へ新年を迎えると同時に行ってきました。

f:id:chihiroukiuki:20220103104629j:image

ほんの数年前までは、元日の0時には多くの人で賑わい、祝詞の順番待ちにお供物とお茶を頂いていましたが、待ち時間もお供物もない、静かな境内です。オミクロン株の影響なんでしょうね。それでも、こうして祝詞をあげてくださることに感謝しつつ、授与された大きなお札を抱えて家路へと急ぎました。

 

家に到着したのは、午前2時半。

お札を神棚に祀り、新年のお雑煮をお供えして、息子娘たちは神様と一緒に深夜のお雑煮を堪能しておりました。

お雑煮は、元旦の朝食に宿泊のお客様と従業員にももちろん振る舞います。無事に新年を迎えられたことにも、元日からご利用くださるお客様にも、働いてくれる従業員にも、感謝の心は尽きませんね。

 

暖かくなった午前10時、長女と愛犬を連れて土地の神様にも新年のご挨拶を済ませ、私の元日の日常は終わりました。