普通の主婦のこだわり日記

自分が好きなものってなんだろうって思った時、アイスクリームが浮かびました。好きなものの好きなことを書いてみました。

FUJIYA 『あんバターのトリコです』食べてみた

結構前から気になっていたこのアイス、ようやく食べられています。

f:id:chihiroukiuki:20221118162747j:image

パッケージに小さく最中の絵があるので、最中アイスなんだなって言う認識はありましたが、でーんと大きく描かれているあんバタートーストを想像する人もいるのかしら?

ちなみに我が家では、息子が「まさかのもなか?」と勘違いしていました。

f:id:chihiroukiuki:20221118162804j:image

極薄なモナカ生地は、しっとりしています。最近は、ジャンボモナカもセブンイレブンの真中シリーズもパリッと食感をウリにしているなかで、王道のしっとりを持ってきたんですね。

さて、中身ですが。

バター味のアイスクリームを薄いあんこの層が包むように纏っていて、それを最中生地で閉じている。と言ったらよいのでしょうか?

または、薄い最中生地にうすーくのばした案を塗って、そこにバター味のアイスクリームを乗せている。という方が正しいのでしょうか?

何が言いたいかと言うと、「あんこが少ないんです」。

クリームにバターの塩味が効いていて、そこにちょっとのあんこが入ってくるので、口の中はまさしくあんバターなんですよ。ホント美味しいのだけれど、あんこの層が薄くて、あんこよりバターの方が遥かに強いんです。そして、つぶあんじゃなくこしあんです。私個人的に、あずきのつぶつぶ感が好きなので…。

あんこ好きな人にはちょっと寂しいかもですが、美味しいです。

 

栄養成分(1個/120ml)

エネルギー 211kcal

たんぱく質 3.1g

脂質 6.1g

炭水化物 36g

食塩相当量 0.2g

 

サーティワン チーズケーキ系とベリー系の食べ比べ

『フィグ ベイクドチーズケーキ

『ストロベリーチーズケーキ』

『ベリーベリーストロベリー』

の3品を食べてきました。

 

『フィグ ベイクドチーズケーキ

f:id:chihiroukiuki:20221118162455j:image

定番のストロベリーチーズケーキのようなゴロッとした混ざり物はないんです。白色とクリーム色のクリームがそれぞれ異なるチーズケーキの風味のようです。そこにいちじくソースのリボン。イチジクソースって、たんぱく質との相性がよいという印象ですが、その通り。めちゃめちゃ爽やかですっきりした味わいです。個人的にこれは定番にしてほしい。

栄養成分(スモール)

エネルギー 147kcal

たんぱく質 2g

脂質 6g

炭水化物 19g

食塩相当量 0.2g

 

そしてチーズケーキ繋がりで

『ストロベリーチーズケーキ』

f:id:chihiroukiuki:20221118162516j:image

こちらはかなり歴史ある定番商品。

ブロック形状のベイクドチーズケーキがゴロゴロと入っていて、ほんのりチーズにいちごソースが絡む。美味しいのは当然です。

栄養成分(スモール)

エネルギー 155kcal

たんぱく質 2g

脂質 7g

炭水化物 20g

食塩相当量 0.2g

 

イチゴ繋がりで

『ベリーベリーストロベリー』

f:id:chihiroukiuki:20221118162531j:image

こちらもド定番。ゴロッと凍ったいちごが入ったいちごみるくのアイスクリーム。カリっとシャキッとした食感が美味しい。

栄養成分(スモール)

エネルギー 126kcal

たんぱく質 1g

脂質 4g

炭水化物 17g

食塩相当量 0.1g

f:id:chihiroukiuki:20221118162548j:image

どれも見た目の色合いも可愛いし、爽やかで美味しい商品でした。

 

ところで、今回、何故フィグ ベイクドチーズケーキだけ単品店舗で食べたのかと言うと、私11月がお誕生日でして。シングル1個もらえたんですね。お店が狭くて試食スペースに椅子4つしかないの他のものは持ち帰っておうちで食べたと言う訳です。

サーティワンアプリ、なかなか嬉しいです。

 

 

 

セブンイレブン『ななパフェ ミルキー味』食べてみた

今回のななパフェはミルキー味です。製造はやっぱり赤城乳業さん。安定の美味しさを提供してくれていますね。

f:id:chihiroukiuki:20221110133745j:image

ボディの脇に、層にあわせてちゃんと記載があるので、今回は断面図無しです。

f:id:chihiroukiuki:20221110133736j:image

一番上のふわふわミルクアイスと練乳ソース、絞り感がパフェっぽくて良いです。ミルクアイスは、生クリームを食べているみたいにふわふわして滑らか。

塩味の効いたしっとりクッキー、多少のサクッと感もありますね。これ、本当に塩効いてます、ミルクアイスとあわせてちょうどな感じですから、単体で食べないでください。

ミルキークリームのトロッとした感じ、当然だけどミルキーのまんま。

一番下に細かく砕いたホワイトチョコチップの混ざったアイスクリーム、ここ本当に美味しい。

全体的にまとまった味です。パッケージも可愛いし、お子さん喜びそうです。56歳の私でも可愛さにキュンとして、嬉しいです。

f:id:chihiroukiuki:20221110133754j:image

栄養成分表示(1個/200㎖)

エネルギー 302kcal

たんぱく質 5g

脂質 13.2g

炭水化物 41.4g

食塩相当量 0.396g

容量が多いことを考慮すれば、比較的カロリーも脂質も低めな気がします。塩分ちょっと高めですね、気にしている皆さんご注意ください。

 

真面目にお伝えすると、この一つのカップで、滑らか、ふわふわ、サクサク、しっとり、ザクザク、色んな食感も楽しめるので、「パフェってこうでなくちゃ」て思える商品でした。

morinaga 『Pino モンブラン』 食べてみた

今日はこれです。

ピノモンブラン味。少し前からアイスコーナーに存在感たっぷりに置かれていました。

買っておいたはいいけど、大箱入りのレギュラーピノに隠れていました。ピノって一口サイズだから、我が家の冷凍庫には一年中大箱が入っています。定番の大箱ではなくて、今日は季節フレーバーのモンブラン

今回のモンブラン味、中のアイスクリームも、コーティングのチョコレートも、マロンをふんだんに使っているようですね。かなりの自信作と思われます。

半分にカットしたら、アイスクリームはほんのり栗色していますし、割と香りもします。口の中に入れれば、ほっこりする栗の風味が広がって、鼻から抜けてきます。

栗づくしのまさしくモンブラン

栄養成分(1粒/10㎖当たり)

エネルギー 31kcal

たんぱく質 0.3g

脂質 2g

炭水化物 3g

食塩相当量 0.01g

ひと箱全部食べても186kcalだし、炭水化物18g。全体量は劣るけど満足度から考えると、普通のカップアイス食べるより良いですね。罪悪感なく食べられます。

 

ピノと言えば我が家では家族全員、帰宅後のひと口パクリ、お風呂上りにひと口パクリと日常の中に存在するアイスクリーム。しかしこれはいつものピノじゃなく、ティータイムのお供とか、食後のデザートとか、ちょっと贅沢な気分です。

まあ、間違いなく美味しいということは確か。

 

 

meiji 『毎日食べたいミルクアイス』食べてみた

コンビニで見つけて、即買いしたアイスです。ずらっと並ぶアイスの中でも、結構主張していて、思わず手に取ってしまいました。

f:id:chihiroukiuki:20221107095340j:image

牛乳200ml分のカルシウム入りだそうです。見事なほど真っ白なミルクアイスで「 牛乳なんだ」って普通に思います(当たり前ですね)。

子供の頃に、ホットミルクに少しだけお砂糖入れてもらった、あのちょっと甘い牛乳を冷たくして食べてる感覚。懐かしいし、身体に良いんだろうなって気持ちです。

f:id:chihiroukiuki:20221107095426j:image

それほど余計なものは入っていないので、ねっとり感はなく、さっぱり食べられるアイス。まさに毎日食べられそうなアイスクリーム。

f:id:chihiroukiuki:20221107095358j:image

栄養成分(1個/90ml)

エネルギー 146kcal

たんぱく質 2.7g

脂質 5.3g

炭水化物 21.9g

食塩相当量 0.094g

カルシウム 300mg

 

低カロリーも嬉しいし、90㎖という量もちょうど良いですね。

強烈に贅沢感があるとか、めちゃめちゃ美味しいとか、初めての味とか、そう言うのではないですが、また食べたくなる味でした。

meijiさん、ごちそうさまです。

サーティワン 11月の新作フレーバー

2022年、11月に入りあと 2ヶ月

 

アールグレイ&キャラメルスコーン』

f:id:chihiroukiuki:20221107095138j:image

あくまで個人的思考ですが、これって女性人気が高いよなっていう印象のフレーバーです。アールグレイの香りが強め。私は好きですが、ここは好みがわかれるところでしょうか。「キャラメル」と名乗るスコーンだけど、強烈な甘さはないので食べやすいです。でもなんで冬限定なんでしょうね?という気持ちです。

f:id:chihiroukiuki:20221107095152j:image

栄養成分表示(スモール)

エネルギー  155kcal

たんぱく質  2g

脂質  6g

炭水化物  21g

食塩相当量  0.2g

 

 

『オペラザシンフォニー』

f:id:chihiroukiuki:20221107095208j:image

チョコレートがかなり濃厚。これぞ冬、と言った印象を受けます(これも個人的主観です)。極々個人的な私の嗜好としては、このフレーバーって懐かしいライオネスコーヒーキャンディの風味を感じて、子供時代を思い出してホッとします。

ゴロッとカリッとしたチョコレートとしっとりしたビスキュイの食感も楽しい。

f:id:chihiroukiuki:20221107095222j:image

栄養成分表示(スモール)

エネルギー  169kcal

たんぱく質  2g

脂質  7g

炭水化物  21g

食塩相当量  0.2g

 

どちらも贅沢な気分になれそうなフレーバーですね。冬のホームパーティーに是非準備してほしいです。

 

それと…どうでも良い情報ですが、私11月がお誕生日なもので。今月は、レギュラーシングルが貰えます。何のフレーバーにしようかと、悩み中でまだ使っていません。

このサービスは、サーティワンアプリ会員の特典です。アイスクリーム好きな方、結構使っているのかしら。

 

 

 

HIBERNATION 『生キャラメル』食べてみた

我が家に届いたHIBERNATION最後のフレーバーを今いただいています。

ひとつ友人にあげてしまったのと、いつの間にか誰かが食べてしまったのとで、いよいよ最後の一品となります。食べられなかったフレーバーを気にしつつも、じっくりと味わいたいと思います。

f:id:chihiroukiuki:20221107095254j:image

最後に残ったのは、『生キャラメル』。

美味しい北海道の牛乳が原料のお土産品といえば、生キャラメルを思い浮かべる人も多くいらっしゃるでしょうね。私もその一人です。

ということで、最後まで取っておいた『生キャラメル』に期待値が膨らみます。

 

ビター感は全くなくて、だからといって甘すぎず、濃厚でもない、自然な甘さ。

こんなの初めてだよというくらいの滑らかな舌触り。そして、HIBERNATIONらしい優しい味わいです。

個人的にキャラメル味というのは、物によってはちょっと喉に詰まると言うか、すごく甘いのに後味に苦みが残ると言うか、喉をスッと通らない感じを覚えることが多々あります。この感じ、伝わるでしょうか。上手く表現できない自分に歯がゆさを感じます。

あくまでも個人的嗜好ですが、今回お届けいただいたHIBERNATIONの中で、これが一番美味しい。私の舌がそう言っています。

f:id:chihiroukiuki:20221107095315j:image

栄養成分(1個/110ml)

エネルギー 226.4kcal

たんぱく質 4.18g

脂質 10.12g

炭水化物 29.92g

食塩相当量 0.09g

 

ぼーのさんのHIBERNATION、また機会があったら注文しようと思います。いつかなあ…。そのうちに。