普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

アンデイコ チーズテリーヌアイスバー

今回気になったアイスは、セブンイレブンさんでみつけたもの。

f:id:chihiroukiuki:20220908162134j:image

チーズテリーヌとカヌレアイスバーの二種類を購入しました。購入したと言っても、娘が買ってくれたものです。セブンイレブンのコラボと思いきや、そうでもなさそうで。

製造元は愛知県の栄屋乳業さんというところ。

ちょっと調べてみました。

『こだわり極プリン』の会社でしたね。極プリンは良く食べるのに、アンデイコという名前に覚えがなくて、申し訳なかったですね。

アイスはバータイプがメインのようです。他にシューアイスやグッピーラムネアイスなど、こちらも少し気になるものがありました。どこかで探してみたいと思います。

f:id:chihiroukiuki:20220908162153j:image

さて、本題。チーズテリーヌアイスバーを食べてみました。

f:id:chihiroukiuki:20220908162213j:image

最初のひと口目の感想としては、わりと硬め。いつものように冷凍庫から出して数分でしたが、結構しっかり固いです。

ひと口めはあっさりとした口当たりで、ミルクバーのような風味。ちょっとレモン系のさっぱりした酸味を感じましたが、レモンは入っていないようです。

たぶんチーズの酸味でしょうね。しっかりチーズが味わえる一品と言えそうです。

ひと口、ふた口と食べ進めるにつれて、鼻に抜けるチーズ感増してくるように感じます。少し溶けてくると、ねっとり濃厚になってきます。

ひとつのバーを最後のひと口まで食べ続けると、五感にささる風味が絶妙に変わり、楽しめます。

f:id:chihiroukiuki:20220908162223j:image

原材料を見ると、記載の2番目がチーズだからかなりふんだんに使われていますね。隠し味に使われている、白あんとバターオイルがねっとりを裏付けていますね。他にも風味付けに、バニラシードの黒いつぶつぶが控えめに見えています。

さほど感じないけれど、洋酒が入ってるから小さなお子さまに与えるのはおすすめしません。

 

栄養成分表示(一本あたり)

エネルギー 150kcal

たんぱく質 1.6g

脂質 7.8g

炭水化物 19.4g

食塩相当量 0.3g

 

今回のチーズテリーヌアイスバーは、デザートよりもお食事感のある食べ応えでした。同じシリーズでカヌレバーもあったので、後日食べてみます。

 

壱番館 コーヒーかき氷 食べてきた

本日はいつもとちょっと違います。

母の墓参と父の面会に行ったので、子供と一緒に昔ながらのコーヒー屋さんに立ち寄りました。私がハタチくらいから同じ場所でずっと美味しいコーヒー淹れてくれるお店。ようやく娘がコーヒーの魅力に目覚めたので、いつかは連れてきたいと思っていました。

f:id:chihiroukiuki:20220909204439j:image

9月に入り、涼しくなってきたと思いつつも、少し動けば汗が出る季節です。冷たいものがいいなと、メニューに飛び込んできたのがこれです。

そんなわけで今回は趣向を変えて、こちらでいただいた『コーヒーかき氷』を紹介します。

f:id:chihiroukiuki:20220909204456j:image

ふわふわでキメの細かい氷に、濃いめの淹れたてコーヒーがかかっているだけのかき氷。キンキンに冷たいのに、びっくりするほど香りが豊かだし、しっかりコーヒーの味を楽しめます。

f:id:chihiroukiuki:20220909204506j:image

コーヒーシュガーで作ったのか、褐色のシロップがほんのり甘くて、コーヒーを引き立たせてくれます。お好みでコーヒーミルクをかけても良いですが、私は少しだけシロップを入れました。

ただ、コーヒーをかけただけというシンプルなかき氷。清涼感満点です。

 

ちなみに。

こちらのお店、保護猫活動をなさっているようで、この活動もひっそりと応援したいと思います。

 

パティシエの贈りもの『誘惑のナッツ』食べてみた

こちらのアイス、自宅から5キロ圏内にある7軒のスーパーと10軒のコンビニの中で、販売していたのはマミーマートさんだけでした。8月終盤、残り4個だったのですが、申し訳ない、2個買っちゃいました。

『Patire』は、メイトーさんから出している『誘惑シリーズ』のようです。今回見つけたナッツの他に『誘惑のラムレーズン』と『誘惑のクッキー&クリーム』もあるようですから、近いうちに探してみます。

f:id:chihiroukiuki:20220905123142j:image

拘り満載のアイスということは、HPを見ずとも蓋を開けたら一目瞭然。蓋の裏面には『シェフのこだわり』がしっかりと紹介されています。この時点で期待値がグンと上がりました。

f:id:chihiroukiuki:20220905123240j:image

紹介文に書かれた通り、ベースとなるアイスはヘーゼルナッツクリーム。ヌテラのような、ピーナッツバターのような香ばしい匂いが広がります。どこからどう食べても、砕いたナッツとチョコレートがゴロゴロ入っていて、口から鼻に抜けるナッツの香りがたまらないですね。これはナッツ好きには最高のアイス。

くちどけの良い滑らかなアイスに、ごろッとないったナッツとチョコレートのカリカリザクザク食感は結構クセになります。

その名の通り、既に誘惑されちゃっています。

f:id:chihiroukiuki:20220905123212j:image

栄養成分表示(1カップあたり)はこちら。

エネルギー 222kcal

たんぱく質 4.5g

脂質 12.5g

炭水化物 22.8g

食塩相当量 0.07g

思ったよりも炭水化物が少な目ですね。ナッツは、アスリートや筋トレ中の方がよく食べてますもの。割と罪悪感低めかも(個人的見解ですが)。

夏真っ盛りの今食べてももちろん美味しいのだけれど、私個人の感想としては、冬に食べたいアイスの一つに加えたいと思います。特に最初に触れた『誘惑のラムレーズン』なんて、冬に食べたら浸みるだろうな…と、想像してしまう。

と、いうことで。この商品が季節商品でないことを願っています。

『誘惑のラムレーズン』と『誘惑のクッキー&クリーム』も見つけ次第即買いします。その時はもちろん紹介します。

ハーゲンダッツ『ピスタチオ&ミルク』食べてみた

期間限定の文字がないので、これは定番商品なのだろうか…?

近隣5キロ圏内にある7軒のスーパーと10軒のコンビニで、これを扱っているのは西友ストアさんだけでした。

今年は各メーカーさんで出しているチョコレートにピスタチオ味多いですね。流行りでしょうか?ハーゲンダッツ以外にもピスタチオアイス出てますものね。色々気になってしまいます。

ギリギリでバブル世代の私としては、個人的にピスタチオはナッツ界の王様。仕事上がりにカフェバーでカルーアミルクとピスタチオ、という乙女定番やっていたことが懐かしい。なのでこうして様々なお菓子にピスタチオ味が多いことを嬉しく思っています。

f:id:chihiroukiuki:20220905100102j:image

そんな思い出話はさほど参考にならないでしょうから始めましょう。

ということで、この味『ピスタチオ&ミルク』を今回ご紹介します。

f:id:chihiroukiuki:20220905100112j:image

外蓋を外すと内蓋に『練ると、ふわとろ!クリーミージェラート』の文字と共にイラスト、#ねり食べ という記載が。

f:id:chihiroukiuki:20220905100137j:image

白いところだけをちょっとすくってパクリ。ミルクジェラートですっきりした味わい。原材料に脱脂濃縮乳と書かれていますから、通常のミルクアイスよりすっきりなのも納得。

色のついたところもひと口。濃厚で香ばしい鼻を抜けるピスタチオの香りがします。こちらは原材料にピスタチオペースト(ピスタチオナッツ、ココアバター)と書かれています。

クリーミージェラート #ねり食べ とうたって、私もしっかりと練ってみました。練り合わせて完成する濃厚で本格的なジェラート感がすごい。後味もすっきり心地よいです。

f:id:chihiroukiuki:20220905100151j:image

栄養成分表示はこちら。

エネルギー 205kcal

たんぱく質 4g

脂質 8.5g

炭水化物 28.1g

食塩相当量 0.2g

 

実は台風が発生していたこの日、私は気圧頭痛に悩まされて食欲ゼロの状態。そんな不調の中でも美味しくいただけました。体調万全な時に、もう一度食べたいと思います。

 

インスタグラムでハッシュタグ検索したらすごい数でした。

同じクリーミージェラートシリーズの『ミックスベリー&クリームチーズ』も、別の店舗で見つけて購入済み。今はまだ、我が家の冷蔵庫に眠っているので、近日中に食べたいと思います。

 

ichibikoの『いちごのモンブラン』を食べてみた

セブンイレブンで見つけたアイスクリームは『いちごのモンブラン』。

イチビコさんと井村屋さんのコラボのようです。セブンイレブン以外にもあるのかしら?そこは調査不足で不明です、ごめんなさい。
井村屋さんといえば、あずきバーをはじめとしてアイスクリーム界でも老舗中の老舗。イチビコさんは、ミガキイチゴでも有名、昨年あたりはセブンイレブンでグミも売ってましたね。店舗に行けば、ケーキやプリン、かき氷も大好評ですね。
ウサギがいちご背負って一粒落としてるあの絵、ichibikoのロゴと共に随分と有名。アイスの蓋全面に描かれているので、一目瞭然です。

冷凍庫から出したばかりだと、モンブランのいちごあんが少し硬いので、「10分くらい放置してから食べるといいかも」と思いました。

少し柔らかくなったいちごあんは、艶やかで舌触りも滑らか。細かく砕いたキャンディのカリッとした食感も楽しい。あんとアイスクリームが混ざり合って口の中で一気に溶け出す、とてもよく合います。
半分に割ってみたら、いちごのアイスクリームの中にいちごソース。ソースは濃厚だけどさっぱりすっきりしています。底に敷き詰められているクランチもザクッといい感じのアクセント。

艶やかな餡に乗ったキラキラのキャンディ、見た目の充分可愛くて満足。
ちなみに、栄養成分表示(1個あたり)は以下の通りです。
エネルギー 269kcal
たんぱく質 3.7g
脂質 7.3g
炭水化物 47.7g(糖質 46.5g、食物繊維 1.2g)
食塩相当量 0.1g
一般的なアイスクリームより脂質が低めで炭水化物が多いかなという印象ですが、これはあんこやクッキーなどのしようが多い分ではないかしら。原材料の一番最初にいちごあんがあるので、なとなく納得です。

1個298円とちょっと高めですが、ご褒美感覚で買ってみるのもいいと思います。

アイスクリームと彼女と私

お付き合いしている女性に私の大好物を聞かれた長男は「ブドウとアイスクリーム」と答えたそうです。
それを聞いて手土産に持って来てくれたのが、大粒のピオーネとサーティーワンアイスクリームをテイクアウト仕様で6個パック。抹茶、ジャモカコーヒー、キャラメルリボン、コットンキャンディ、ホッピングシャワー、ラブポーションサーティーワンでした。

サーティーワン、私は中学生くらいからとてもお世話になっています。地元駅前にあって、電車で出かけた帰りは必ず立ち寄っていました。当時の私は、コーンにキャラメルリボンとチョコレートミントをダブルで。それが終わると、ストロベリーチーズケーキをシングルカップで食べました。「最初からトリプルにすればいいじゃん」と、友人に言われたけれど、アイス大好きな私としては、溶けるのが嫌だし、大きいのが食べたいんです。少し大人になると、周囲の友人がジャモカアーモンドファッジを「美味しい」と言い、私も大人ぶってジャモカアーモンドファッジや抹茶のシングルをカップで食べるようになりましたが、心の中では「キャラメルリボンとチョコレートミント」が王道でした。
ラブポーションサーティーワンを初めて食べたのは、バレンタインデーか何かの季節フレーバーで登場したとき。ホッピングシャワーも同様でした。母親になってからの私は、常に「トリプルポップをカップ」でフレーバーはラブポーションサーティーワンホッピングシャワー、季節フレーバー1つという組み合わせ。ラブポーションサーティーワンホッピングシャワーはクセになるんですね。それを食べ終えると、ナッツトゥユーと季節フレーバー2つの組み合わせ、最後にキャラメルリボンとチョコレートミントと季節フレーバー1つの組み合わせ。
こうして、一度の来店でトリプルポップを3つ食べるのがマイルール。もちろん、子供連れで行くときはトリプルポップ1カップだけで終えるという大人として常識の範疇ですよ。

年を重ねても、アイスクリームは最高のおやつ。何なら一食分にしても良いくらいです。
そんな話を、長男やお付き合いしている女性と話しているうちに「そんなに好きならブログに書けば?好きなことを書くことが一番いいと思うよ」と提案してもらい、調子に乗った私もその気になっています。
というわけで、今後はサーティーワンに限らず、美味しいアイスクリームや新しいアイスクリーム、珍しいアイスクリームなどを時々紹介していこうかなと。
参考までに、今回お話に登場した私のイチ押しトリプルポップにした時のカロリーと成分表示はこちら。
ラブポーションサーティーワン(スモール)は172kcal、たんぱく質2g、脂質7g、炭水化物20g、食塩0.2g
ホッピングシャワー(スモール)は165kcal、たんぱく質2g、脂質7g、炭水化物20g、食塩0.2g
ナッツトゥユー(スモール)は175kcal、たんぱく質2g、脂質9g、炭水化物15g、食塩0.2g
キャラメルリボン(スモール)は175kcal、たんぱく質2g、脂質9g、炭水化物15g、食塩0.2g
チョコレートミント(スモール)は154kcal、たんぱく質2g、脂質7g、炭水化物17g、食塩0.1g
大体の商品が160~170kcal斗考えると、トリプルポップ1カップは500kcal前後、どれだけ好きでも食べすぎでした。これからは1カップだけにしようと思います。

ついでに紹介するとこのスプーン、アイスクリーム専用。そのうちこちらも詳しく紹介したいなぁ…。

無計画 日帰りふたり旅 日光~益子

日帰り旅をしてきました。末っ子と二人で、日光まで。

日光と言えば、やっぱり思いつくのは日光東照宮ですね。もちろん最初に立ち寄りました。お盆明け最初の日曜日、世間では夏休みの方も多い気がします。が、しかし高速道路も、一般道も、駐車場も空いていて、予定時刻より30分も早く到着。 二荒山神社(ふたらさん)もまわって、3時間近くのんびりと参拝を楽しむことが出来ました。そういえば、宇都宮の方は二荒山(ふたあらやま)神社と言うんです、同じ漢字で呼び名違うんです。

ちょうどお昼、私と娘が車へ戻る頃には、東照宮の券売機に長蛇の列、駐車場へ入る車も神橋の遥か先から渋滞。 良い時間に参拝で貴てラッキーでした。 ランチは、近くの店でゆば御膳と生ゆばのお刺身、前菜からデザートまでゆば三昧。

芸術肌の末っ子のため、まだお日さまの高いので、せっかくだから益子町まで足を延ばしてみました。 日曜だけあって、さすがに陶芸体験は予約なしでは難しいものの、絵付け体験だけは飛び込みでOK。 ということで、末っ子はマグカップ、私は大小ふたつのタンブラーに。

行き当たりばったりの割りに、なかなか楽しい体験でした。ひと月半くらいしたら、ハガキが届き、取りに来ます。何故、送ってもらわないのかというと、取りに来る時にろくろ体験をしようという算段。 散々あちこちの陶芸店を覗いているうちに、末っ子が「甘いもの食べたいね」と。可愛いお皿にケーキが乗ることを想像したとか。 数点の陶器を購入して、帰り道カフェに出くわしたら入ろうと、行き当たりばったりの旅。今日はその時その時の思いつきで動く日です。 前にも後ろにも、対向車線にも車が走っていないガラガラ一本道を20分ほど走り、「何にもないね」と言っていると、助手席で末っ子が「あっ!」と叫び、私はウインカーを左に出しブレーキを踏みました。 自然に溶け込んでいて、見落としてしまいそうな『Café & gallery』の看板に気付いた娘にある意味尊敬の念。

敷地内に工房もあるそうで、古民家のようなカフェの中は、白を基調にした陶芸作品が所狭しと飾られています。私はかぼちゃのプリン、末っ子はシフォンケーキを頂きました。もちろん、ケーキも美味しかったです。

帰りの高速は18キロ程度の渋滞。渋滞と言っても、そこそこ流れていて、さほどストレスではありません。むしろ、途切れることのない末っ子と之会話を楽しむことが出来ました。 この夏一番の思い出、日帰り栃木旅。 紅葉が始まる頃には、上の子も一緒に3人でろくろ体験をしに出掛けます。