普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

当たり前が無くなったら不便を楽しむ

昨年末から続いている家電壊れる現象…。

遂に最も壊れて欲しくないものが壊れました。

f:id:chihiroukiuki:20220213084020j:image

我が家のエコキュートがお湯を溜めることをやめてしまったんですね。

エコキュートが壊れる=家で一切のお湯が出なくなる』ので、お風呂はもちろん使用不可、手洗いも食器洗いも真冬の冷水。

通常C 21のエラーは簡単に復旧できるはずなんですが、電気屋さんに来てもらい正しい手順を踏んでもエラーのまんまで。購入からもう15年を超えているので寿命です。本当に充分働いてくれました。

ということで、新しく買い替え。メーカーを問わず、今より容量の大きな最も早く設置できるものを探してもらっています。

 

ついでに2台のエアコンの室外機の音がかなりヤバいとこになっていて、こちらも同時に見てもらい、修復不可になる前に入れ替えを決めました。

 

ここまでに壊れたものは、

洗濯機

f:id:chihiroukiuki:20220213081736j:image

テレビ(実は二台壊れています)

f:id:chihiroukiuki:20220213081715j:image

エコキュート

f:id:chihiroukiuki:20220213083159j:image

壊れる一歩手前のエアコン室外機2台。

 

洗濯機は実は年末に一回、1月末にも一回と二回壊れて、二回とも同じ方が修理に来てくれました。

 

因みに、私ではなく夫のスマホも昨日突然電源が入らなくなり充電もできなくなったので、携帯ショップへ走っていました。

 

次は何が壊れるんだろ??

 

便利な世の中で、何かが一つ壊れると生活が一気に変わってしまい「あー今までって便利だったな」としみじみ思います。今ある当たり前は全部当たり前ではないと、人は時々忘れてしまうんですね。

正直手洗いと食器洗いの冷水はしんどいですが、しばらくの間、娘たちと一緒に不便を楽しみながら、近くの銭湯生活が続きます。

 

スピリチュアルな人がよくSNSで言っている「良いことの前にはよく家電が壊れます」という言葉。

きっとこの先、我が家には、良いことがたくさん訪れてくれるのだろう…。

スマホひとつで上機嫌

1月19日、私は朝から浅草新仲見世を彷徨いています。用事のある店の開店は11時、凍える寒さの中、あと1時間と15分もあるというのに、私にはカフェでお茶もできない、ショッピングもできない、ふたつの理由があるのです。

 

実は私、週に4日16時間ファスティングをやっていて、ちょうど今日はその日に当たるため、11時まで水以外お腹に入れられないのです。

とはいえ、それは私が勝手に決めた私のルール。今日やらないのなら、明日にすればいいこと。割り切ってカフェの前で立ち止まるも、一瞬にして青ざめてしまいました。

何故ならば今、左手に鞄を持っているものの、この中にお財布が入っていないということに気付いてしまったから。一旦落ち着こう。鞄の中をじっくりと探しますが、無いものは無い。どう探しても無い。ファスナーの小さなポッケの中、小銭すら無い。

 

クルリと周囲を見渡すとメニュー看板の横に『現金のみ』の文字。冷静でないこんな時は、何故だかネガティブな文字しか目に入らない。ちゃんと探せば電子決済のお店なんて山ほどあるでしょうが…。

目的もなくただブラブラと仲見世を何周かしているうちに、ふと気付いたことが。

「私にはスマホがあるじゃないか」

お茶をゆっくり飲むほどの時間もなくなったころ、とらやのあんこ玉が目に止まりました。

あんこ玉にしか釣られたくせに、上機嫌で

「栗蒸し羊羹と芋羊羹と焼き芋大福をふたつずつ」

と注文して、レジ前で

「電子決済は可能ですか?」

たくさん貯まっているメルペイで精算。

今の時代、スマホひとつ有れば、電車も乗れるし買い物もできる。

 

1月4日江ノ島で購入してすぐに割れた紅水晶のカッサを、浅草店で交換してくださるということで、開店の11時を過ぎて店内へ。割れたカッサとレシートを預けて、気に入ったものと無事に交換していただきました。

 

こちらのお店、実はレシートそのものが保証書になっていて、困った時の問い合わせ先QRコードがついていたので、4日の夜に相談のメールを入れていました。

割れた原因はどこにあるかわかりませんが、とても丁寧に親切に対応くださって、代替え品を送ってもらうか、江ノ島店へ行くか、近くの支店に行くか、という選択肢をくださいました。

現物をきちんとお返ししたかったのと、自分の目で選びたかったのとで、私は浅草のお店での対応をお願いしました。

f:id:chihiroukiuki:20220121225132j:image

「お名前と詳細は報告を受けていますから、お好きなものをゆっくり選んでくださいね」

という、とても親切な店員さん。寒い寒い冬の朝に1時間も仲見世を彷徨った疲労も吹っ飛び、大満足で帰宅。早速娘と栗蒸し羊羹を頬張り、顔を洗ってからカッサでお手入れをしました。

電子決済といい、QRコードといい、本当にありがたい時代ですね。

 

もしもサザエさんの時代が今だったら、あのテーマ曲「♩財布を忘れた愉快なサザエさん♪」って言う歌詞は無いですね。

 

 

カエルさん、ようこそ

2022年、私はカエル集めをしようかと思っています。きっかけは、娘のように親しくしている女の子から貰ったカエル。益子焼の高さ5センチくらいの置物です。

f:id:chihiroukiuki:20220118084013j:image

さっそく玄関に飾りました。一体一体手書きなので、お顔が違うそうです。

 

縁起的なものを調べてみると…。

カエルの置物は、猫や龍、梟などと並び、とても縁起が良いみたいですね。

 

ということで、さっそく。

f:id:chihiroukiuki:20220118084305j:image

こちらは鎌倉のガラス屋さんで購入してきました。とってもミニチュアなので、ひっそりとかくれんぼしています。

f:id:chihiroukiuki:20220118084245j:image

「栄える=さカエル」。裏面には「金かえる=かなカエル」と書かれています。

 

我が家の玄関にはもっとずっと前から君臨しているカエルがもう一つ。

f:id:chihiroukiuki:20220118084606j:image

メダカのカメ(浮草が冬の寒さで枯れていてすみません)。

 

私が家庭を持ってからずっと、33年続けている習慣。

家族が毎日家を出る時「いってらっしゃい、気をつけて」と声をかけます。当たり前のことだけど、喧嘩した翌朝や反抗期の頃などは、返事もなければこちらを見ることもありませんでした。

それでも必ず「いってらっしゃい、気をつけて」。おかげで(それだけが要因ではないですが)、皆無事に帰ってきてくれます。

2022年から、我が家では、私の声かけと共に玄関のカエルたちが皆の帰る(カエル)姿を見守ってくれます。ありがたい。

 

 

 

 

幻になった紅水晶カッサ

1月4日、今年最初の巳の日なので、娘と一緒に江ノ島まで行ってきました。

f:id:chihiroukiuki:20220105111142j:image

朝早く高速を走ると、いつもより遥かに空いていることにびっくり。予定時刻より一時間も早い当着だったので、参道のお店はほぼシャッター。

f:id:chihiroukiuki:20220105111438j:image
f:id:chihiroukiuki:20220105111441j:image
f:id:chihiroukiuki:20220105111443j:image

本殿、弁天堂、龍宮を参拝して、岩屋まで進みました。空気が澄んでいて、遠くの富士山もくっきりと見えました。

f:id:chihiroukiuki:20220105111522j:image

途中リスに遭遇(突然のことでカメラ間に合わず)、頭の上ではトンビがピーヒョロロと旋回中で、少し賑やかでした。

 

帰り道、参道右手の石屋さんで、ずっと探していた天然石のカッサを見つけたので即購入。車の後部座席に、膝掛けに絡んで持ち帰り、自宅で封を開け、パソコン台に置いたら真っ二つ。

f:id:chihiroukiuki:20220105111847j:image

念願の天然石カッサは、一度も肌に触れぬままこうなりました。私には必要ないものだったのかしら…。

一応、お店本部のお問合せセンターへメールをしておきましたが…。さて、この後どうなるのでしょう…。

 

 

 

元日の過ごし方

あけましておめでとうおめでとうございます。

私は、元日の朝からお仕事です。旅館なので、当然と言えば当然ですが。

毎年参拝している商売繁盛の神様と言われる羽田の穴守稲荷様へ新年を迎えると同時に行ってきました。

f:id:chihiroukiuki:20220103104629j:image

ほんの数年前までは、元日の0時には多くの人で賑わい、祝詞の順番待ちにお供物とお茶を頂いていましたが、待ち時間もお供物もない、静かな境内です。オミクロン株の影響なんでしょうね。それでも、こうして祝詞をあげてくださることに感謝しつつ、授与された大きなお札を抱えて家路へと急ぎました。

 

家に到着したのは、午前2時半。

お札を神棚に祀り、新年のお雑煮をお供えして、息子娘たちは神様と一緒に深夜のお雑煮を堪能しておりました。

お雑煮は、元旦の朝食に宿泊のお客様と従業員にももちろん振る舞います。無事に新年を迎えられたことにも、元日からご利用くださるお客様にも、働いてくれる従業員にも、感謝の心は尽きませんね。

 

暖かくなった午前10時、長女と愛犬を連れて土地の神様にも新年のご挨拶を済ませ、私の元日の日常は終わりました。

 

 

 

悔いを悔いのままにしないために

末期の腎不全で終末期病棟に入院している87歳の父親の面会に行ってきました。面会といっても、病院のロビーに座る私と長男の前にあるモニターに写る病室の父と、画面越しです。

 

ひどい老眼の父には、画面の私たちを理解することなど難しい。それでも、全く会えないよりはマシと思っています。認知症の症状も出ているため、自分の孫はまだ小さいと思い込んでいて、息子が「もうすぐ30歳だよ」と言うと、「そうか、もうそんなか」と言いながらも看護師さんに自分の孫はまだ小さいと伝えます。

 

そんな父の様子に、閃いた長男。

2月に88歳の誕生日を迎える父へのプレゼントは、幼い頃の孫4人と父が写る写真と、今の自分達で再現画像を並べたフォトブック。

長男曰く、「俺らの小さい頃の写真見ればちゃんと認識できるはずだから、それぞれの成長した今と並べて見られるようにすればいい。それが手元にあれば直接会えなくてもいつでも見られる」と。

 

この提案に二つ返事で乗っかった残り3人の孫。私は大きなコンテナボックスの中の大量の写真から、再現可能そうな数枚をピックアップ。現在準備中です。

 

そして、この時つくづく後悔したことがひとつ。子供と父の写真は本当にたくさんあるけれど、私と父の写真は全くありません。

家族旅行でみんなで撮った写真はたぶんカメラマンが私。私ひとり写っていない。コロナ前の4年間は毎月の面会で、父と子供たちと私で撮ったものがありますが、なぜ2人で撮らなかったのかと、今となってはあとの祭りです。

 

どうか皆さま親が元気なうちにたくさん一緒に写真を撮りましょうと、お伝えしたいです。

 

事業継承ということ

 

今年も冬至を過ぎたので、早稲田の穴八幡宮に『一陽来復』のお札を受けに行きました。

f:id:chihiroukiuki:20211225121903j:image

クリスマスイブだから(?)予想に反して人出が少なくて、風も穏やかな快晴で、寒さに凍えずに済みました。数年前だったか、大寒波の年に、寒い中着物姿で長蛇の列に並び、翌日から熱を出した記憶があります。

f:id:chihiroukiuki:20211225122034j:image

お札の方がスムーズでしたが、参拝の行列はいつもの年よりも多い気がします。

 

さてさて、この穴八幡宮さま、金銀融通の神様として知られていて、ゆず飴(融通飴)も売られているのですが、飴が得意ではないので、私はお札だけ。

f:id:chihiroukiuki:20211225122301j:image

帰りに、鳥居前の交差点にある鳴門金時のたい焼きを娘たちの分と合わせて3匹購入して帰宅です。(お店の方、○匹って言うんです)

f:id:chihiroukiuki:20211225122444j:image

 

商売をしている我が家では、酉の日の大鷲神社で熊手、冬至の穴八幡宮一陽来復、元旦の穴守稲荷参拝、とういのが年末年始の恒例行事です。

 

どんなに慌しくても、歴代の女将がやってきたこと。こうして同じように年末年始を過ごすことは、一世紀続く商売をきちんと継承できている証と思いながら過ごしています。

時代が変わり、サービスの様式が変わり、経営のスタイルが変わりましたが、ご先祖さま方は、今の私たちをどう見ているのでしょうか…。創業者は、満足してくれているでしょうか…。

ふと、そんなことを考えた一日になりました。