普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

グリコ 牧場しぼり つぶつぶ苺 食べてみた

※あくまでの個人的嗜好ということをご理解ください

『牧場しぼり』は市販のカップアイスの中でも、好きなアイス上位に入ります。その牧場しぼりの中でも『つぶつぶ苺』をチョイスしたのは、苺のアイスをあまり食べないからと言う、単純な理由です。

さて、早速食べてみましょう。

まず、間違いなく美味しい味ですよ、もちろん。

素朴な甘さのクリームと甘酸っぱいイチゴ。イチゴの程よい酸味がいいですね。くちどけの良い滑らかなクリームでさっぱり食べられます。

欲を言えば…、あくまでも私個人の意見ですが、イチゴはもう少しゴロッとしててもいいし、量ももう少し入ってて欲しいかな。

私昭和生まれなんで(関係あるかわからないけど)子供の頃、イチゴに牛乳かけて食べたんですね。イチゴ型の先割れスプーンでちょっと潰しながら。牧場しぼりつぶつぶ苺のイチゴの感じが、当時の感覚に似ているなと思いまして。そんな気分で、この牛乳感満載のアイスクリームには、ランダムに潰したゴロッとグチュッとしたイチゴと相性宜しいんじゃないかしらと。

まあ、これはこれで美味しいですけどね。

栄養成分表示(1個/120㎖)

エネルギー 147kcal

たんぱく質 24g

脂質 3.8g

炭水化物 25.9g

食塩相当量 0.1g

原材料の1番目に生乳、2番目がいちご果汁と果肉なので、しっかりイチゴなんですね。余計なのもがあまり入っていないのもありがたいです。

娘と私と時短富士急の楽しみ方

富士急ハイランドへ行ってきました。

私、知らなかったのですが、富士急アプリがとっても便利だったので、お話ししようかと思っています。

22歳の娘に前夜言われて、富士急アプリをダウンロードしました。アプリから、CLUBフジQに登録を済ませて、事前チケットを購入。

購入には、クレジットカードかPayPayが使えます。今回は、一緒に行く娘が買ってくれて、私の元へチケット情報が送られてきました。

私は娘からきたチケットに、顔認証の画像を登録。

すると、9時からの開園より30分も先に入園ができるとか。で、当日始発で家を出て、途中ピックアップしてもらった娘の友だち親子の車に乗って、午前8時30分に富士急ハイランドへ到着しました。

行きの車内で、どうしても乗りたいFUJIYAMAとナガシマスカの優先権を事前購入しておき、園内マップで入ってからのルートを確認。楽しむだけ楽しんで、とにかく夕方には地元に戻りたい。ある意味母子のチャレンジです。

入園のために並ぶ列を左に見ながら、私と娘は専用ゲートへ。今や顔認証が必須の富士急、それを事前に済ませていることで、とにかく入園がスムーズ。

まだどのアトラクションも動いてないし、優先入園の方も少ないので、ゲートから一番近い高飛車へまっしぐら。8時45分に乗車です。高飛車からFUJIYAMAは近いのですが、FUJIYAMAの優先権は9時半のため、このあと待ち時間が長くなりそうな、ええじゃないかへ走りました。
富士急は今、新アトラクション建設により通行止めルートがあり、高飛車からええじゃないかの最短ルートは閉鎖中です。ナルトの世界を通ってゲゲゲの鬼太郎を抜け、ええじゃないかに到着。9時前に並び、アトラクションスタート集団から三番目に乗ることが出来ました。
ええじゃないかが終わり、のんびりとなるとの世界観を感じながらFUJIYAMAへ戻るとちょうど9時半。既に90分待ちの長蛇の列の脇から、優先権ゲートへ。

三連続ハードな絶叫マシーンを体感した10時少し前、小腹が空いているというので屋台街へ。
いや、私はお腹空いたよりも意をすっきりさせたいと『けずり苺』を頂きました。(時短を気にして入口以外の写真を残しておりません)
この時点で、富士急人気アトラクション3つも乗れているなんてキセキ! 娘に言われるままについてきただけの私、心から娘を尊敬します。

小休止を挟み、まだ列のできていない10時からスタートしたクールジャッパーン、優先権のナガシマスカを巡りました。もちろん、ポンチョ購入。ところが、絶対濡れたくないとひっぱりすぎて首の後ろに小さな穴が。で、案の定全身水浸し。全身ドライヤーを3分浴びて、ここまで入園からおよそ4時間です。

夕方からお仕事のある娘のタイムスケジュールはぼちぼち限界、高速道路の渋滞を想定して、帰路へと向かいました。行楽シーズン真っ只中の日曜の遊園地で、行列必須の絶対乗りたかった5つをわずか4時間で制覇して、大大大満足!

帰り道、娘はそのままお仕事へ行き、私は家へ。家で待つシェリーちゃんとももちゃんにご飯をあげて、長男の夕食を拵える。さっきまで、絶叫マシンで弾けていた自分が嘘のように、いつもの日曜の夕方を過ごしました。

FUTABA『あんバタークッキーサンド』食べてみた

このアイス、お彼岸参りに行った先のコンビニで見つけたのが最初です。

 

都内で暮らしている二男を拾うために待ち合わせしたコンビニ。これから高速に乗って…という朝の出来事でした。起きたばかりの二男と食いしん坊な末っ子の朝食、運転する長男と私の水を買いにコンビニ店内へ。

何気なく見たアイスコーナーで、この珍しいアイスに出会ってしまいました。

アイスを買う予定はなかったし、そもそも今買ったところで、「カップじゃないアイスクリームを動く車内で上手に写真を撮ってメモ取りながらきれいに食べる」と言う作業は、ちょっと難しいかな。

でも、偶然出会ってしまったあのアイスが気になる。とにかく気になるが、自宅近くでは見たことがない。後ろ髪をひかれつつ、その場を後にしました。

 

つい先日、いつも行く駅前のスーパーへ夕食の材料を買いに出かけると、なんとあのアイスが! 運命を感じました。今度こそちゃんと買える。

f:id:chihiroukiuki:20220928093102j:image

ということで買ってきました『FUTABA あんバタークッキーサンド』。

早速実食。

 

封を開けると、芳醇なバターの香りがふわっときます。分厚いバタークッキーの良い香りが爆発的に広がります。

f:id:chihiroukiuki:20220928093232j:image

さて、ひと口。クッキーのサックサクがとにかく美味しい。それを引き立たせるようにクリームはあっさりめに仕上げています。

中央に控えめに存在するあんこも、クリームのあっさりに合わせてしつこくない。舌に感じるコクは黒糖が効いているのかしら?

 

このアイス、「アイスミルク」なんですが、クッキーの主張がいちばん強い。芳醇なバターと程よい塩味が効いていて、気持ちの良い食べ物。アイスだけどクッキー。クッキーが主役のアイスクリームと言う方がしっくりきます。

小腹の空いたおやつに丁度良い感じです。確実にファンになりました。

f:id:chihiroukiuki:20220928093243j:image

栄養成分(1個/65ml)

エネルギー 221kcal

たんぱく質 3.3g

脂質 7.6g

炭水化物 34.9g

食塩相当量 0.2g

カルシウム 204mg

パッケージでも「カルシウム」推してましたね。

 

とにかく美味しい。どこか懐かしいけど新しいアイス。私は当面、これをおやつにします。

 

ハーゲンダッツ 『ミックスベリー&クリームチーズ』食べてみた

※あくまでも個人的嗜好です。ご容赦ください。

クリーミージェラート、少し前に「ピスタチオ&ミルク」の記事をアップしました。同じシリーズの「ミックスベリー&クリームチーズ」です。

内蓋には、同じ「#ねり食べ」がプリントされています。

ミックスベリーの赤紫色とクリームチーズの色合いがきれいですね。

ミックスベリーの部分をそのままひと口。酸味が強い…。個人的な感想としては、ミックスベリーだけで食べるのはオススメしたくない。

では、クリームチーズの方もひと口。

クリームチーズですね、という味です。濃いめだけどさっぱり。レモンかな?レアチーズケーキっぽいです。

 

では、混ぜて、練ってからひと口。

酸味が強いせいか、チーズ感が薄れています。よく練って、ふんわりさせるとクリームチーズクリーミーさがいきてくるような気がします。

さて、気になる栄養成分表示はこちら。

エネルギー 182kcal

たんぱく質 2.3g

脂質 7.8g

炭水化物 25.4g

食塩相当量 0.1g

 

「ミックス」が気になり、原材料確認。

ストロベリー、ラズベリークランベリー、カシス、ブルーベリーが、ピューレまたは果汁で含まれています。あと、やっぱりレモン果汁も入っていました。

 

くちどけ爽やかで、暑い夏に食べたくなりそうですが、季節限定の表示はないので、定番商品なのかしら?カロリー控えめなので、アイスを食べたいけどカロリーが…と、気にされている方はぜひ。

ちなみに私は「ピスタチオ&ミルク」推しです。

 

Lady Borden 『ほうじ茶あずき』食べてみた

私は緑茶よりほうじ茶派です。特に丸八製茶の加賀棒茶が好きで、加賀棒茶を買うためだけに加賀の製茶場まで行ったりします。工場まで行かなくても買えるのだけど…。ここ3年ほど行けてないですが。

金沢駅の駅ビル内に、販売店があって、店員さんが美味しい加賀棒茶を入れてくれて、入れ立てを飲めるんですよね。

そろそろあの香りが恋しい。

そんなわけで、パッケージの「加賀棒ほうじ茶使用」に飛びついています。

蓋を開けただけで、棒茶がほんのりと香ってきます。ほうじ茶ミルクの色合いもいいですね。この色、とても好き。

きめの細かい濃厚でクリーミーなほうじ茶ミルクのベースに、粒のしっかりした小豆がポツポツ入っていて、美味しい。

くちどけがよく、鼻に抜けてくる加賀棒茶の風味の再現度高めで嬉しい。加賀棒茶好きには最高です。

一粒一粒がしっかり主張しているあずきの粒がアクセントになっています。堪らなくクセになる、リピート決定ですね。今まで食べてきたほうじ茶フレーバーで一番美味しいかも。と思っています。

ちなみに、個人的見解ですが、普通のアイスを食べるタイミングよりも、もう少し溶かしてから食べてみてほしい。香りが際立ちます。

栄養成分(1個/120ml)

エネルギー 183kcal

たんぱく質 3.3g

脂質 9.5g

炭水化物 21.2g

食塩相当量 0.097g

 

原材料の表記で、あずきは甘納豆を使用、ほうじ茶はパウダーを使用していることがわかりました。甘納豆ですもの、あずきの粒がしっかりしているわけですよ。

 

サーティワン トリプルポップ 今日は何?

今日は娘と待ち合わせなので、サーティワンでトリプルポップを食べながら待つことにしました。10分くらいしかないので、食べられるのは1カップかなぁ…。

期間限定から2品

ワイルドクラスチョコレート

アロハチョコクッキー

定番から1品

ラブポーションサーティワン

 

夕方だったので、残念ながらアロハチョコクッキーが完売ということで、ジャモカアーモンドファッジに変更しました。

家を出る時点で、今日はオールチョコレートにしようと思っていたので、ちょっと残念。

f:id:chihiroukiuki:20220927085118j:image

ワイルドクラスチョコレートは、ミルクチョコレートとホワイトチョコレート。チョコレートを食べてるみたいに濃厚です。

ジャモカアーモンドファッジは、本当ずっと定番ですよね。豆に拘ったコーヒーアイスにチョコソース、クラッシュアーモンドがアクセント。初めて食べたのは確かハタチそこそこ、たぶん30年以上前だと思います。甘さの中にほろ苦さがあって、大人のアイスクリームだなって思った記憶です。

毎度登場のラブポーションサーティワンサーティワンサーティワンの名前をもらうくらい代表選手ですね。白い部分はホワイトチョコ、ラズベリーはアイスクリームにもハートチョコの中にも入ってますね。ベリーだけど酸味が少なくて食べやすい。私のイチ推しフレーバー。

 

この組み合わせ、なかなか良いです。

甘さと、ほろ苦さと、ちょい酸味。滑らかな中に、ゴロッとチョコとトロッとソース、カリカリナッツ。まさに五感で食べるアイスクリームですよ。楽しい。

 

栄養成分は以下の通りです。

ワイルドクラスチョコレート(スモール)

エネルギー 169kcal

たんぱく質 2g

脂質 7g

炭水化物 21g

食塩相当量 0.2g

 

ジャモカアーモンドファッジ(スモール)

エネルギー 168kcal

たんぱく質 2g

脂質 9g

炭水化物 19g

食塩相当量 0.1g

 

ラブポーションサーティワン(スモール)

エネルギー 160kcal

たんぱく質 2g

脂質 7g

炭水化物 20g

食塩相当量 0.1g

 

9月30日から、秋のフレーバーが始まりますね。折を見て紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

らぽっぽファーム 『ポテトアップルパイアイス』食べてみた

セプンイレブンで新しいアイス見つけました。ひとつ前の投稿で先出ししているLady Bordenを後回しにしちゃってすみません。ちょっと気になったし、秋の味覚ということで、こちらを先に紹介します。

おいものらぽっぽさんとコラボしてるみたいですね。

なんと、こちらも作っているのは、井村屋さんです。

ケーキみたいな可愛い見た目。食べた感想は、りんご感が強くて、お芋をあんまり感じません。角切りりんごはシナモンがとても強くて「らぽっぽ」感じます。上にかかったりんごソースは、さっぱりしています。

お芋のクリームはクリームだけで食べると、あと味がお芋です。下に敷いているのは、パイではなくてクッキークランチ。ちょい甘です。

栄養成分はこちら(1個/110ml)

エネルギー 174kcal

たんぱく質 1.9g

脂質 5.1g

炭水化物 30.4g

食塩相当量 0.1g

原材料の一番前にりんごシロップ漬け、次にりんごソースなので、りんご感強いのは当然でした。それだけにカロリー低めですね。

あくまで個人的感想ですが、私はシーズンに1個食べたらそれでいいかな…。という気持ちです。ごめんなさい。

ただ、注意書きの部分に「アイスに皮付きさつまいもペースト使用」とあります。さつまいもペーストとは、さすがらぽっぽコラボですね。