普通の主婦のこだわり日記

50歳を過ぎた今だから思うことを正直に呟いています。

猛暑とガーデンシクラメン

少し前に、金のなる木に季節外れの花が咲いたというブログを書きました。その花は、2週間ほど咲き続け、今は枯れています。あれから数週間、今度はなんと驚くことに、庭に植えているガーデンシクラメンが1輪だけ咲きました。

シクラメンと言えば、クリスマスやお正月を連想させるほどの真冬の花という私の勝手なイメージ。それを覆されてびっくりしています。私としては、半世紀の人生で初の出来事。時々、ニュースで「季節外れの○○が咲きました」というのを耳にしたことはありますが、立て続けに自分の庭で、しかも全く別の植物で起こった奇跡と思っています。
専門家からすると、これってよくあることなのでしょうか。是非教えてほしいです。

金のなる木の花が咲いたときは、5月の真夏並みの暑さが続きた後の梅雨入り、例年にない寒さとなったせいで、植物が夏から秋になったと勘違いしたのかなと思っていました。
しかし、今回のガーデンシクラメンは、連日35度を超える猛暑日が続く中での出来事です。

昨年11月に、真冬が殺風景だからと、南東の位置に3株植えたもの。赤、白、赤の順に植え、長々と花を楽しみました。5月の夏日が続いたころに、少し葉が枯れ、6月に再び緑の葉が出始めました。寒さに強いガーデンシクラメンを育てることが初めてなので「まあこんなものなのかな」と、雨の降らない日は毎日朝夕水やりを続けました。
1週間ほど前でしょうか、蕾のようなものを発見して「まさかね」と、スルーしました。そして2日前、小さくて真っ赤なシクラメンが私の目に飛び込んできました。
発見したときは「なんてラッキーな奇跡!」と思いましたが、今冷静に考えると、そもそもあの鉢植えで真冬に売られているシクラメン、真冬でも室内の温かいところで育ちますね。もしかすると、本当は暑さにも強いのかも知れませんね。
今回は、『短期間で季節外れの花を2種類も楽しめた自分にラッキーが舞い込んだ』と思い、この謎を調べることはしないと決めました。
夏の花アサガオと並んだガーデンシクラメンの小さな赤を、もうしばらく楽しみたいと思います。

梅雨明けと朝顔

夏の花と言えば、真っ先に思いつくのはアサガオやヒマワリ。私は、毎年欠かさずアサガオの鉢を買ってきます。
今年も例年通り、6月最終日曜日に市内でアサガオ市がありました。我が家のアサガオは、このアサガオ市で買い求めるのが習わしでした。ですが、今年は仕事があって行けません。

「今年はアサガオのない夏になるなあ」と、残念な気持ちで過ごしたその日、夕方5時過ぎに帰宅したら、玄関先に朝顔が。

素敵な手紙が添えられて、届けて下さった方がいました。
(お手紙はきっとアサガオ農家さんからでしょうね)

32度を超える暑さの中、少しだけ葉に元気がありませんが、蕾はたくさん。早速水やりをしました。

翌朝5時半、見事な花を咲かせてくれています。

アサガオ市へ行くことができずに、日曜日の朝は後ろ髪をひかれながら出勤をしていた私。優しい方のお陰で、今夏もめいっぱいアサガオを楽しめそう。

植物からのメッセージ

最近、我が家の金のなる木が花を咲かせました。本来、秋頃に咲かせるものだと思っていたので驚きです。しかも、毎年咲いているのはピンク色なんですが、今回発見したのは白い花。

なんでかなあと思いつつ眺めていたら、たくさん茂ったぷくぷくの葉っぱの中に2つだけハート型が。可愛いです。

ハートの葉っぱにほっこりした気持ちで家の中に入り、室内の観葉植物にも水やりをしていると、出窓においたガジュマルにも可愛い葉っぱを発見。

何でしょうね、年甲斐もなく、なんだか嬉しい気分です。

色々悩ましい日々の、ちょっとだけほっこりした朝でした。何かいいことありそうな予感がします。

初夏の箱根

今回は、箱根神社まで足を延ばしてみました。
本当は、箱根神社、箱根元宮、九頭竜神社と、箱根三社をめぐる予定だったのですが、渋滞にハマりにハマって箱根神社だけの参拝に変更しました。

当初の予定では、9時に箱根園駅周辺に到着して、ロープウェイで箱根元宮を目指し、降りてきたら九頭竜神社まで遊歩道で進み、最後に箱根神社を参拝して芦ノ湖畔で遅めのランチのはずでした。が、実際箱根に到着したのは11時半を回っていて、大幅なリスケとなりました。とにかく午前中のうちに神社へという気持ちで、芦ノ湖湖畔の箱根神社無料駐車場(何ともラッキーなことに一台出庫してくれたお陰です)へ車を停めて、足早に神社へと向かいました。行きはもう写真を撮る余裕もなく、ただただ早歩き。
階段を上ると、太鼓の音が境内中に響き渡っています。さらにさらに、箱根神社境内に祀られた九頭竜神社新社へも参拝すると、今度は鈴の音が鳴り響き、本日の私、箱根に歓迎されているような気分です。
太鼓や鈴の音に包まれての参拝を終え満足した私。関東各所で30度近い夏日、箱根の街もかなりの暑さのなか、湖畔の鳥居で撮る撮影の列に並び、木陰の遊歩道で芦ノ湖を眺めながらのんびりと順番待ちをしました。

途中、列を無視して自由に撮影を楽しむ初老のカップルに少しだけイラっとしましたが、割り込みされた方(こちらは20代くらいのカップル、割り込カップルと親子ほどの年の差に見えます)が笑っていたので『まあいっか』と気を取り直しました。そしてここ、どこかに何か書いてあるわけでもないのに、鳥居に降りる階段の手前に荷物を置き、次の人に自分のスマホを預けて、鳥居の真ん中に立つ写真をどこの誰とも判らない他人様に撮って貰っています。次の人もまたその次の人も。なんだか不思議な光景と思いつつ、私たちも前の方のスマホを預かり写真を撮って、次の人へ自分のスマホを預けて写真を撮ってもらいました。

誰が決めたわけでもないこのルール、不思議です。普通に考えれば日頃の暮らしの中で、手荷物をすぐに手の届かない場所へ放置しないし、自分が離れてしまうのにスマホを見ず知らずの人に預けたりしない。【良心】という根拠も確約もないものに頼って成り立つルールです。何一つ躊躇することなく預け預けられる優しい日本人が多いのでしょうね。ほっこり優しい気持ちになります。

そして、やっぱり九頭竜神社と箱根元宮へ参拝したい!次は必ずと願いつつ、車に乗り込み箱根を下山しました。

#神社巡り

友だちと耳ツボ

ちょっと気分を変えて、耳ツボ施術していただきました。

f:id:chihiroukiuki:20220517133224j:image

耳のトリートメントから始まり、6つのツボを刺激してもらったのだけど、身体がポカポカしています。きっと血行が良くなってるんだろうなぁ…。

f:id:chihiroukiuki:20220517133301j:image

耳にはものすごい数のツボがあるんですね。

友人の施術と楽しいおしゃべりで、心身共にリラックス。

終わったら、近所で美味しいランチを食べて、満足の一日です。

#耳ツボ

 

陽射しとお花の暮らし

先日兄が来て、庭木の枝を伐採してくれたので、日差しの強くなる前に花を植えました。

f:id:chihiroukiuki:20220505082852j:image

メダカをお引越しさせたので、使っていたカメに鉢底穴を開けて、植木鉢として再生。砂利を敷き詰めたのだけれど、茶色にしてしまい、土との変化がわからない…。失敗です。

f:id:chihiroukiuki:20220505082901j:image

今年の暮れには、画像の右側(南側)1.2メートルのところに高さ9.9メートルの三階建て集合住宅が建ちます。

ここでお花を楽しめるのは、今年の夏が最後。ここは、北側傾斜制限区域に当たらない第二種居住地域だそうで、お日さまが当たらなくても我慢して受け入れるしかないそうで…。

なので、気持ちを切り替えて、最後のお日さまを思い切り楽しもうと思っています。

青と蒼の絶景

ネモフィラを観てきました。

ここは、すごく有名なひたち海浜公園。2ヶ月前から約束していたこの日、ちょうど見頃を迎え、数日前まで付いていた天気予報の雨マークも消えて、絶好のネモフィラ日和となりました。

車を走らせ2時間半で到着。

f:id:chihiroukiuki:20220423070622j:image

悪天候何続いていたのが嘘のような快晴、空の青と花の蒼の境界線は、ずっと観たくて、ずっと観に来ることのできなかった風景です。

お天気に恵まれ、付き合う人に恵まれて、漸く念願叶いました。

楽しくて、美味しい旅を満喫した春の一日。たくさん歩いて、心地良く身体に残る疲労感さえも快感。楽しかったー!